新聞折込
千葉県内の新聞折込も承ります。
読売、朝日、毎日といった各新聞社の朝刊に広告を折り込めます。
(ポスティングは行なっておりません)

 新聞折込のメリット

・信頼度が高い 勝手に投函されるポスティング等と比較した場合、有料で購読している新聞と一緒に配達されるので、家庭の中まで入り込み読まれる率が高いといえます。

・日にちが選べる 新聞休刊日(年に10日)と大型選挙の翌日以外のすべての日に新聞折込が可能です。また、印刷から新聞折込当日までの日数が短く済むのも大きなメリットです。

・地域性 商圏を厳選の上、配付します。「お得意様の多い地域を集中的に」「人口密集地に」「新たな地域へアピールしたい」等、配付枚数、予算に合わせて様々な戦略が考えられます。

◆ 折込みに関して ◆
  • 新聞折込日の3日前までに折込むチラシが当社に到着していなければなりません(弊社で印刷を行う場合は印刷が完了していなければなりません)
    ただし、日曜・祝日や年末年始、GWはこれよりも早く必要になります
    (印刷物を郵送される場合、遅配のトラブルを避けるため4〜5日前には到着するようにして下さい)
  • 折込むエリアが3日前までに決定されてなければなりません
    (確認や伝票の作成等の作業があります)
    ただし、土日・祝日や年末年始、GW、お盆前後はこれよりも早まります
  • 初めてのお取引の場合、料金は前金となります
    (新聞折込は配送した段階で各新聞販売店に料金を支払うためです)
  • 料金は右表が定価です
    (これ以外には配送料や手数料等、一切かかりません。※消費税のみ別途)
※厚紙や冊子は別料金です
(税別) 千葉県 東京都
B5, A5 1枚 3.1 1枚 2.7
B4, A4 1枚 3.7 1枚 3.3
B3, A3 1枚 4.8 1枚 4.5

◆新聞折込のテクニック◆
  • 「広い地域に一気に折り込む」か「少ない枚数で日を置いて何度も同じ場所に折り込む」かどちらが効果的でしょう? これは販売戦略そのものなので一概には言えませんし、商品の特性やお客様の範囲や居住地域にも関係してきます。
    ただ、確実に言えることは、宣伝するもの(お店や商品)を知らなければ絶対に買いには来ないということです。オープン時や新商品の宣伝の場合は、広めに知らしめることが重要ではないかと思います。
  • 料金表を見ると分かりますが、例えばサイズがB4とA4とでは折込料は同じです。折込のみで判断すればA判よりもB判の方がサイズが大きいのでお得といえます。ですから、A4で印刷するなら、一回り大きなB4にするか、逆に一回り小さなB5にすることをお勧めします。
    ただし、当然のことながら印刷料金はA4よりB4の方が高いはずなので、このあたりをトータルで考える必要があります。
  • 必ずしも各新聞販売店の取り扱い部数ピッタリで折込を行う必要はありません。例えば「○○駅中心に1500部」のような折込の仕方も可能です。
    ただし「50部だけ」のような少なすぎるのは不可です。最低でも各新聞販売店の5〜6割は折り込むようにしましょう。
  • オススメの日にち、曜日は? オープンや特売日・キャンペーンの開始日などは、数日前ではなく、ズバリ当日の朝刊がオススメです。予告的に数日前に折り込む場合でも、当日に再度折り込むことをオススメします。ただし、不動産や車のように高額の場合は、即断即決の可能性が低くジックリ考えてもらいたいので予告折込でも効果はあります。曜日は折込の少ない曜日が目立ち度合いが高くなって良いと思いますが、それよりも当日であるかどうかの方が良いと考えています。なお、統計的には土曜や金曜は折込量が多く、月・火・木曜あたりは少ない場合が多いです。サイズはB4が多いです。


[ INDEX ] [ 会社案内 ] [ 新聞折込 ] [ よくある質問 ] [ メール ]